結婚を意識するならマイナス要素は早い段階で打ち明ける

順調に交際が進み、いざプロポーズをという段階で、「実は俺って、、」なんてマイナス要素を告げた時に、女性によっては「私のこと騙していたの?」とか「なんで先に言ってくれないの?」なんてことになり、修羅場と化すことがあるかもしれません汗。

そうならない為には、交際の前に言っておいたほうがいいかな?と思うことがあれば、早めに話しておきましょう。僕の場合は転職を何度も繰り返していること、薄給サラリーマンであること、過去に上司にいじめられて、精神を病んでしまったことがあることを話しておきました。妻とふたりで初めて会った日に笑。

やはり将来を見据えたお付き合いをするということは、生涯一緒にいるということに繋がっていきます。目を背けたいと思うかもしれませんが、どこかで話す必要がでてくることは、嫌われることを恐れず、早めに必ず話してしまいましょう。

もちろん、あなたも女性からのマイナス要素を正面からしっかり受け止め、真摯に聞いてあげましょう。どうしても受け入れられないときはご縁がなかっただけのことです。

生涯のパートナーとなる出会いであれば、あなたのそんな要素を笑顔で受け入れ、あなたも彼女の話を笑顔で受け入れることでしょう。

婚活動画で学んだことと実践してみたこと

20代の頃は、女性のともだちも何人もいましたし、数人の女性とお付き合いもしてきました。そんな自分がアラフォーになり、合コンや婚活パーティーに参加をしても全然うまくいかず、行き詰ってしまったときにたどり着いたのが YouTube動画 です。

現在、YouTubeにはたくさんの婚活動画がアップされています。

僕も色々な動画を見て、しょんぼりしたり笑、共感したり、勇気づけられたりもしました。

色々と感じることはありましたが、まずアラフォー婚活で自覚しなけらばならないことは、日を追うごとに自分の商品価値が下がり続けている ということです。これについては認めたくない気持ちはありましたが、全然うまくいかない自分の婚活状況をみても納得せざるを得ませんでした。もちろんオジサマ好きの若い女性もたくさんいますから、例外はあるでしょう。その例外の女性と出会うために、活動し続ける!と割り切るのもひとつの作戦ですからアリといえばアリだと思います。

でも僕は女性に対して年齢のこだわりはほとんどありませんので、参考にできるところはその後の婚活に生かしました。中でもLINEのやりとりに関しては自分では全然気づかないところも多くあり、目からウロコでした。

中でも1番なるほどね、、と思ったことは、、

LINE でダラダラ話をしない!

これです。意外と思うかもしれませんが、ダラダラ話をしてしまうと僕の場合は実際にうまくいきませんでした。返信があるうちはうまくいっていると勘違いしてたんですね。ただ、もちろん盛り上がっているときはしっかり会話を楽しみましょう。この盛り上がっているというのは、文章を送るとすぐに既読がつき返信がある場合です。

LINEの目的は何か? アポること です。色々とお話をしたい気持ちは分かりますが、それは実際に会った時に楽しみましょう。ブレると先細りになり、お相手からの返信までの時間がどんどん長くなり、、、 こんな経験をした方も多いはずです。

ただ、アポが決まったら 

〇〇さん、おはよう!今日もお仕事がんばりましょうね!

とか一日一回程度はやりとりしておきましょう。夜はお互い終業や就寝の時間にバラつきがあるので、僕は朝の方がおススメです。

婚活でYouTube動画を見ていると、関連動画に心理学で云々という動画が出てくることがあります。こちらの動画も上記のLINEのやりとりの根拠付けになっていたりもするので、いくつかご覧になってみると婚活に臨むときの気持ちの幅が広がっていくと思いますよ。