アラフォーの婚活事情。女性は若ければ若い方がいい

夫と出会った頃、私は結婚相談所に入会していました。

いつかは結婚できるだろう、と思っていたのですが、いつしかその余裕は消え失せました。40歳を目前にしたときお付き合いしていた人とのお別れがあり、この先本当に一人かもしれない、、、やっぱり結婚したいと強く思ったのです。

私は20代の頃から結婚願望がありました。結婚したいという気持ちを持った時点を婚活スタートとするなら、だいぶ年季が入った婚活人生ということになります。

しかし、この時ばかりは今までとは本気度が違いました。

で、どうしたかというと結婚相談所に入会したわけです。

結婚相談所はいくつかありますが、私はあえて

費用が高い相談所

を選びました。理由は、

費用が高い相談所の方が結婚への本気度が高い方と出会えると、考えたからです。

さらに、

高い金額を支払うことで自分を追い込んだ

のです。

出会いを求めて入会できるネット上のサービスは、女性が無料であったり支払うとしても月額数千円かと思いますが、私が入会したのは

入会金12万円の他に月額16,000円の相談所。

ここで見つけなければ全部が泡になると自分に言い聞かせて、なんとか25万円以内、入会から半年で生涯のパートナーを見つけて退会することを目標にしました。

お金を払うだけあって、自分が積極的にお相手探しをしなくても月に5名はカウンセラーさんからおすすめの方を紹介していただけます。

紹介いただいた方にお会いしたいと思ったらお見合いのお申し込みをします(無反応でいるとその方にお申し込みする権利がなくなっていきます)。

ちなみに、紹介されたからと言って即お会いできるわけではありません。紹介された私がお申し込みをすると、先方からお返事が来るという仕組みです。

入会当初にどんな人がいいかをカウンセラーさんに伝え、その情報を元にカウンセラーさんがお相手を推薦してくれるのですが、私はお相手の希望年齢を自分の年齢のプラスマイナス5歳程度に設定していたため、その界隈の男性を紹介いただきました。

紹介いただいた方にお申し込みをするもたくさんフラれました。

返事すらいただけません。心臓が強くなりました。

そしてカウンセラーさんに言われたのです。

男性は自分より10歳〜20歳若い女性を希望します。つまり、40近い女性を希望するのは50歳から60歳。

40歳前後の男性は、20代の女性を希望して活動しゴールインしなかった場合に、自分と近い年齢の女性を視野に入れるようになります。

と。

とても厳しい現実を目の当たりにしました。

40歳前後でも魅力的な男性は、20代の女性とマッチングしちゃいます。

男性は、歳を重ねると渋みが出て味が出ますが、女性は少しでも若い方が勝者になる確率がうんと高いのでした。

特に女性は、結婚相談所に入会して

婚活を始めるなら少しでも早い方がいい

と身をもって経験したのでした。