結婚後の生活って、もしかして◯◯◯◯と一緒?結婚後の私の土曜日ルーティン


土曜は夫は仕事で、何もイベントがなければ帰ってくるまでに家事をこなすのがルーティンになっています。

スリッパ を洗う
毎日履くスリッパ と、おトイレのスリッパ は週一で洗います。

個人用のスリッパ(おトイレ用じゃないスリッパ)は、冬以外は夫の好みで健康サンダル風のブツブツがついたタイプをお揃いでつかっています。

ブツブツ部分はプラスチック仕様なため、乾くのが早いところが良い点です。
履き出した当初は痛くてすぐ脱いでましたが慣れました。

色も同じでサイズ違いなだけなため、一度脱ぐとどっちのスリッパか一見わからず、あべこべで履いていることも多々あります。

大物を洗濯する
おおものとは、シーツや掛け布団カバー、ヨギボーのカバーを指します。

これらを全部一気には洗えないのでそのへんは適当に選択して洗濯します。

買い物に行く
だいたい冷蔵庫にいつもあるものを買い出しに行きます。
牛乳、オレンジジュース、納豆、キノコ、炊き込みご飯用の鶏肉、餃子作る材料 など。

掃除する
掃除機は、平日出勤前にざっとかけているので、週末はとくにキッチンまわりと洗面まわりを中心に掃除します。

スイーツを作る
私たちはお酒を飲みません。
タバコも吸いません。
そのかわり、スイーツ好きです。
手作りのものを用意すると喜んでくれるので、簡単にできるものを作っておくことがあります。
レパートリーは全くありません。
アップルパイ、ゼリー
上記が定番です。

ご飯を作る
夫が帰宅する時間に合わせてご飯を用意します。
帰ってくると腹ペコ状態なので、すぐ食べられるようにしておきます。
私も一緒に食べます。

そのあとは、嗜好品(おもにアイス)を一緒に買いに行ったりします。
私にとっては買い物第二弾ということになります。
相手の好みを確認して買いたいものを買いに行く感じかもしれません。

掃除してご飯を作って買い物して、、、
行動そのものは「独身時代」と何も変わりません。
そうです、結婚とは生活なので毎日何かのイベントがあるわけではありません。結婚後の生活って独身時代と一緒なのです。

つまり、独身時代も毎日を楽しめていれば、結婚生活も楽しいものになりますよ!

結婚するから幸せなのではなく、独身でも幸せだから結婚しても幸せなのです。とはいえ私は結婚したらますます幸せになりました(のろけ)

エクオール

エクオール
成長が止まると、
髪のコシがなくなり、肌にはしみやこじわが増えて
悲しいけれど着々と老化していきます。

高齢出産では、
そんな体で成長していく命を育てていかなければなりません。

髪や肌が老化するのと同じように
体内の細胞も卵も子宮も衰えます。

これらの体の変化はホルモン量や質も影響しているようです。
そして、よく聞きませんか?女性ホルモンには大豆イソフラボンが良くて、
大豆の加工製品を食べることで摂取できる、と。

実際には何が良いのか?

大豆イソフラボンに含まれる成分が、腸内でエクオールという成分に変わるらしく、このエクオールがいいらしいです。

でも、大豆製品を摂取するだけでエクオールが補えるわけではないらしく、
大豆製品をとっても腸内でエクオールに変化させられない体質の人は50%もいるみたいです。

エクオールを作る体質かどうかの検査もあるみたいですね。

とりすぎるとよくないとか、体内から出ちゃうとかいうわけではないみたい

なので、エクオールサプリ、飲んでます。

ちなみに私がこの情報に出会い素直に
サプリを飲もうと思ったのは、とある婦人科の女医さんがおっしゃっていて、その方ご自身が飲んでいると知ったからです。

巷にはいろんな情報があり、なかには商材ビジネスの情報もたくさんあると思います。
それは、買わせるための情報が満載なので、
もしそのような情報に出会ったら、即買いせず
必ずいくつもの情報をかき集めて自分で判断するのが良いと思っています。

最後は、エクオールの話じゃなくなってしまいました。

41歳で経験。これが化学流産?!

つい先日、これが化学流産かというものを経験しました。


生理が遅れて予定日から一週間たったころに市販の妊娠検査薬を使ったところ、陽性反応!
妊娠できたことを喜び、心音が確認できることを願って、6週目にあたる時期に病院の予約を入れました。

5週目あたりから早い人ではつわりの症状が出ることも、という情報をネットで確認していましたが、ちょうど5週目と思われるその時期でも症状は皆無。

強いて言えば、生理予定日の一週間前から胸の張り、痛みがあるくらいで、何も支障なく日常を過ごしていました。
が、
病院の予約日よりも約一週間早い時期の早朝、布団の中で、下着が湿っている感触が。起き上がりトイレで確認したら出血していました。

と同時に吐き気と腹痛が。

ああ、これはダメになったんだなと思いました。

予約していた病院は、サポート体制がしっかりしていて人気があり少し家から距離がありました。幸運にも家から徒歩5分のところにも、しっかりした病院があり、今回は予約受付時間を待って最寄りのその病院に向かいました。

診察の順番を待ちながらもスマホで

「生理のような出血 妊娠」などでググりまくりました。

もうすぐ先生に聞けるというのに。

30分ほどで診察の順番が回ってきました。

  • 妊娠検査薬で陽性になったこと
  • 病院にはまだ行っていなかったこと
  • 出血していること

を告げて診察台へ。

超音波(エコー)で確認しましたが胎嚢(赤ちゃんの袋)は見えません。つまり、妊娠は確認できませんでした。

一週間後にまた来てください、と言われてその日の診察は終了しました。

その翌日から2,3日、強い生理痛といつもよりもだいぶ多い出血が続いたのでした。出血には塊のようなものもありましたし、何よりこんなに重い生理痛は、通常ではなかったこと、2日目のような出血が数日続いたことで

改めてダメだったんたと感じました。

一週間後の診察で、いつもよりも重い生理痛と出血があったことを伝えて診察台へ。
胎嚢がないことを再び確認。本人も納得しているならこれで診察はおわり。今回のが生理であれば、また排卵が来て妊娠が可能であることを教えてもらいました。

生理であれば、としたのは、子宮ではない場所で妊娠している可能性も考えらるためです。
今後一週間経っても出血や痛みが増強する場合は診察を受けて、異常を確認することになりました。
もっと詳しく調べて他の場所で妊娠していることが確認できたら、緊急手術で妊娠の継続はできないという説明を受けました。
ただし、いまの状態からすると(出血や痛みがおさまってきているので)その心配はないだろうということも。


今回の診察で子宮筋腫の可能性を言われましたが、とくに治療の必要はなく、出血が多い生理に付き合っていくだけなようです。

出血が多いかどうかなんて人と比べることもないのでよくわかりませんでした。

今回のことで、自分に正直に向き合ってみたところ

  • 40オーバーでは妊娠はむずかしい
  • 流産するのは当たり前
  • 体力的に子育てしていけるんだろうか
  • お金が心配

という想いを持っていることがわかりました。
私だったら「こんな不安いっぱいのママ」より「毎日楽しくワクワクしているママが良い!」と思いました。
こんなママがいい!っていうママを意識してみようと思います。

アラフォー夫婦の平日の5分間デート

うちは駅から徒歩5分の駅近です。とても好立地で、満足しています。


夫は朝が早いので通常なら私より早く帰宅していて、次の日がお休みだと、駅までお迎えに来てくれます。コレ、うれしいんです。

改札を出て夫の姿を見つけると思わず駆け寄ってしまいます。

「自分の横にいた女性のところに、改札から出てきた子どもが駆け寄ってくるの見てかわいいな、と思ったら、自分のところにも駆け寄ってくる人(わたし)がいた」って言われたことがありました。


一緒に歩くのは駅からうちまでのたった5分間。その間にその日にあったことを報告しながらお家に帰ります。

そして帰ると、作ってくれたご飯がある。あたためてくれてお皿によそってもらって、「いただきます」最高です。

ほんとに何気ないことを大切に出来る関係を一緒に築いてくれることに感謝です。

結婚するならこういった感覚が同じ人をおすすめします。

ものすごく仕事が多忙で、少しでも1人の時間を持ちたいタイプであれば、同じような相手を見つけるとストレスが少ないでしょうね。

婚活中の皆さんに問う。食の好みは合っている方がいいのか問題

夫も私もネギが苦手です。そして、生の玉ねぎも苦手です。玉ねぎはクタクタになっていれば、2人とも美味しくモリモリ食べられます。


夫はほとんど好き嫌いがないのですが、私が好きなものなかで、夫が苦手なものが2つあります。
それは、

納豆とチョコミント。

この2つの共通点は、、主張強めなところでしょうか。

納豆は体にもいいし毎日食べることをむしろ推奨したいのですが、断固拒否されています。
私が目の前で食べているといい匂いがすると言って、身体をちょっとのけ反らせながら見守ってくれます。


対してチョコミントは、体に良いとは言えないかな、、、。ミントやチョコのカカオ単体なら良いとしても、使われている糖分の量は決して少なくないでしょう。

なのに、あの毒々しい感じがたまらない。

何が言いたいのかというと、食の好みってお付き合いするうえで重要視される気もするのですが、食の好き嫌いは、全く重要な要素ではないとわかった、ということです。

もちろん、好きな傾向が同じ方が話が盛り上がるかもしれません。
ただそれよりも、食べることがすき!なのか食事にはあまり興味ナシ(食べられればなんでも良い)なのかが一緒かどうかがポイントじゃないかなぁと感じています。


ちなみに私たちは、2人とも食べることが大好きです。どちらかが落ち込むとそれを理由にすぐ、「おいしいものをたべよう!」となります。

ビタミンAを妊娠希望で摂取する方法


ビタミンAは体の粘膜を健康に保つ作用があります。

私が、「自分はビタミンA不足なのではないか?」と思うのは

  • 腸の動きが悪いこと
  • 夜中に鼻の中が痒くなること

があるためです。

最近、サプリメントを積極的に摂取するようになったのですが、そもそもはじめてサプリメントをとるようになったのは、シミが増えたから。

ビタミンCのサプリメントがスタートでした。

40代に入り、身体の調子や肌の調子いいに気を配るようになると、ビタミンやミネラルなどの栄養素について知りたくなり情報収集するようになり、知れば知るほど「あれもこれも足りてないかも!と思うようになりました。

というか、ビタミンやミネラルの働きを知ってその必要性を改めて確認した感じです。

そして、冒頭のビタミンAについては、化粧品の成分として使われていることを知り、それを機にビタミンAの働きを調べてみたのでした。

ビタミンAは化粧品に配合されているのは、肌の新陳代謝であるターンオーバーを促進させる作用を目的としています。

レチノールとしても知られます。レチノールは処方箋が必要な成分です。よく、レチノール入りのクリームは、美白効果があるとして知られる「ハイドロキノン」入りのクリームといっしょに使われます。

これは、ハイドロキノンは皮膚への浸透が良くないため、ふるい角質を剥離する作用のあるレチノールと一緒に使うことで効率的に作用させる狙いです。

ちょっと話が逸れましたが、つまりビタミンAは美容効果、肌を健康に保つためにも必要不可欠ということです。

ただし注意しなければならないのが、ビタミンAは妊娠希望の方や妊娠中は過剰摂取がNGということ。

ビタミンAにより奇形を生じる可能性が有るそうなのです。

そこで私が行き着いたのが「ベータカロテン」。

ベータカロテンは人参やほうれん草に含まれる栄養素です。

摂取した際、体でビタミンAが不足していているとビタミンAに変換されるということで、ベータカロテンの摂取であれば、ビタミンAの過剰摂取を免れそうです。