アラフォーで婚活した僕の妻との出会い

妻とは知人が開いてくれた合コンで会いました。

たまたま隣同士に座り、合コンが始まる前から色々とお話できたことに、今となっては運命を感じます。その日は10対10くらいの合コンで、幹事がなるべく全員とお話できるように気を遣ってくれたため、参加者とそれなりにお話はできたのですが、人数が多すぎて、逆にほとんどの女性が印象に残りませんでした汗 失礼な話ですが、ヘトヘトで、連絡先の交換をしても顔を思い出せない女性がちらほら、、大人数での合コンにも良いところ、悪いところ、それぞれありますね。

そういう意味では最初にお話ができた妻はしっかりと覚えていましたし、もっとお話をしてみたいと思うほど好印象でしたので、すぐにデートに誘いました。

有り難いことに OK の返事、、 でも今度の週末は土曜日の13時から13時半までの30分しか時間がないの、、 とのこと。ものすごいタイトなスケジュールだというのが最初の印象でしたが、この理由は後日判明します。ちなみに誘っておきながら、僕もその時間帯は仕事で時間が作れなかったので、結局その次の週の土曜日にゆっくりお茶をすることになりました。

その日までのやりとりの中で 「スタバのソイラテが好き」 という彼女はその日も 「スタバのソイラテが飲みたい」 とのことでしたが、前日になり、「実は古民家カフェ好きで狙っているお店があったことを思い出したので、そこに行きたい」 と提案がありました。

ラッキーなことにほとんど並ばず入店

お茶をふたりともおかわりしながら、2時間以上お互いのことを、いろいろとお話できました。その中で、「私は結婚相談所に入会していて、今いろいろな人とお会いしている状況です。先週30分しか時間がとれなかったのはそのせい」、、納得笑 相談所では高いお金を払って男性と会ってるのに、飲み代だけで出会った僕は厳しい戦いになることも覚悟しましたが、とても楽しくお話できましたし、やっぱりもっとお話してみたい!と思ったので、改めてゆっくり食事をする約束をして、その日は別れました。

余談ですが、その古民家カフェで食べたチーズケーキが美味しかった。ので、お付き合いしてから改めて訪問して、最初にここでたくさん話したね~なんていいながらまたしてもチーズケーキを注文したのでした。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です