吉縁会

僕が参加した婚活の中で 吉縁会 というものがあります。とても良いものだったので、ここで紹介させていただきます。

テレビの特集で存在を知りました。こちらは僧侶の方がボランティアで運営しているもので、参加費が男女ともに3000円ほど。参加するには、年に1、2度ほど開催される登録会に実際に出向いて登録する必要があります。

つまり、わざわざ時間を作って、登録会に出向くらい、結婚に前向きな男女が参加する会なのです。当然人気で、東京開催のものはほぼ抽選です。僕は5回申し込んで、2回参加できました。

参加が決まると、女性の人数分の自己紹介カードを作ったり、別に自分の連絡先を書いたカードを作ったり、封筒を準備したりと、かなり手間と時間がかかります。このカードを作らないと、参加をしても全く意味がないものになってしまいますので。でもここまでする必要があるのに、参加する方が後を絶たないのは、やはり、結婚に前向きな方々が集まるという説得力を、実際に参加すると感じるからだと思います。

会の流れは、まずはお寺の見学や僧侶の簡単な法話、それからが本番です。参加人数が多いので、ひとりあたりお話できる時間は、会にもよるでしょうが、およそ3分笑。ここで自己紹介カードをお相手に配っていきます。ほぼ流れ作業になるので、よほどのインパクトを残せないと記憶に残してもらえません。そうならない為の自己紹介カードです。一通り終えると、後はフリータイム、人気の女性の周りには男性が群がりますので、その女性とコミュニケーションを取りたいのであれば、いち早く出向くか、強引に、「少し時間をください!」と割り込むしかありません汗。

次に男女が別々の部屋に分かれます。そこには参加者の封筒がズラーっと並べられています。目当ての女性の封筒に自分の連絡先を書いたカードを入れていきます。運営の方からは、「せっかくのご縁なので全員の封筒にカードを入れましょう」と言われますが、そんな人は少数派だと思いました汗。

最後に出口で自分の封筒を受け取って終了です。自分の封筒の中に女性の連絡先カードが入っていれば初めて連絡をとれる形なので、女性からしても安心なシステムです。もちろん、自分が気に入ってもらえていれば、女性のほうから連絡をもらえたりもします。僕は結局ここではパートナーを見つけられませんでしたが、妻と出会ってなければ、また参加するつもりでした。

お寺で婚活・寺コン「吉縁会」のURL↓です。ただし、いまはコロナの影響で休止しているようです。再開したら是非参加してみてください、

https://www.kitien.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です