ビタミンAを妊娠希望で摂取する方法


ビタミンAは体の粘膜を健康に保つ作用があります。

私が、「自分はビタミンA不足なのではないか?」と思うのは

  • 腸の動きが悪いこと
  • 夜中に鼻の中が痒くなること

があるためです。

最近、サプリメントを積極的に摂取するようになったのですが、そもそもはじめてサプリメントをとるようになったのは、シミが増えたから。

ビタミンCのサプリメントがスタートでした。

40代に入り、身体の調子や肌の調子いいに気を配るようになると、ビタミンやミネラルなどの栄養素について知りたくなり情報収集するようになり、知れば知るほど「あれもこれも足りてないかも!と思うようになりました。

というか、ビタミンやミネラルの働きを知ってその必要性を改めて確認した感じです。

そして、冒頭のビタミンAについては、化粧品の成分として使われていることを知り、それを機にビタミンAの働きを調べてみたのでした。

ビタミンAは化粧品に配合されているのは、肌の新陳代謝であるターンオーバーを促進させる作用を目的としています。

レチノールとしても知られます。レチノールは処方箋が必要な成分です。よく、レチノール入りのクリームは、美白効果があるとして知られる「ハイドロキノン」入りのクリームといっしょに使われます。

これは、ハイドロキノンは皮膚への浸透が良くないため、ふるい角質を剥離する作用のあるレチノールと一緒に使うことで効率的に作用させる狙いです。

ちょっと話が逸れましたが、つまりビタミンAは美容効果、肌を健康に保つためにも必要不可欠ということです。

ただし注意しなければならないのが、ビタミンAは妊娠希望の方や妊娠中は過剰摂取がNGということ。

ビタミンAにより奇形を生じる可能性が有るそうなのです。

そこで私が行き着いたのが「ベータカロテン」。

ベータカロテンは人参やほうれん草に含まれる栄養素です。

摂取した際、体でビタミンAが不足していているとビタミンAに変換されるということで、ベータカロテンの摂取であれば、ビタミンAの過剰摂取を免れそうです。